岐阜で介護事業・障害福祉サービス事業・助成金に特化した事務所です

【岐阜助成金特化型事務所】 地域密着型通所介護 開業・経営支援

【岐阜助成金特化型事務所】 地域密着型サービス
 地域密着型通所介護 (小規模デイ) 開業・経営支援

1.地域密着型サービスについて

地域密着型サービスとは、2005年に改正された介護保健法によって新規に設立された介護サービスのひとつです。

地域密着型介護サービスを利用できる対象者は、要介護認定で「要介護」以上に認定された人に限ります。
また、「要支援」に認定された方は、地域密着型介護予防サービスを受けることになり、その介護サービスは、地域密着型サービスの予防版ともいえます。

地域密着型サービスは、認知症(痴呆)や一人暮らしの高齢者などの増加を考え、要介護者たちが住み慣れた地域の近くで介護サービスが受けることが出来るようにと設立されました。
地域密着型サービスでは、地域の現在の状況にあわせて地域の特徴をいかしたサービスが、市町村が主体となって提供される介護サービスです。

2.地域密着型サービス 地域密着型通所介護(小規模デイ)の概要

老人デイサービスセンターなどで提供される、入浴、排泄、食事などの介護、そのほかの日常生活を送るうえで必要となるサービス及び機能訓練をいいます。
ただし、利用定員が19名未満のものに限り、認知症対応型通所介護に当たるものを除きます。
利用者は老人デイサービスセンターなどを訪れてこれらのサービスを受けます。
通所介護を利用できるのは、居宅(ここでいう「居宅」には、自宅のほか軽費老人ホームや有料老人ホームなどの居室も含みます)で生活を送る、「要介護」と認定された人です。

介護保険法の改正に伴い、地域密着型通所介護(小規模デイ)は市町村が管轄することに 

地域密着型通所介護(小規模デイ)とは、利用定員18人以下の通所介護事業所のこと(2016年4月1日までは、「前年度ひと月当たり平均利用延べ人員数が300人以内」)。
だとは、すでに述べました。

介護保険法改正により今年4月から新設されました。
法改正の背景にあるのは、地域包括ケアシステムの推進です。
地域包括ケアシステムは、住み慣れた地域で人生の最期まで暮らし続けるよう高齢者を支援する制度で、 介護保険の保険者である市町村を中心にケアマネジャーなどが連携して地域資源を生かしながら構築を図るものです。

地域密着型通所介護(小規模デイ)は2016年3月まで都道府県により指定されていました。
ところが、地域包括ケアシステムとの整合性を図るため、法改正後においては、市町村が地域密着型通所介護(小規模デイ)を指定できるように。
地域密着型通所介護(小規模デイ)は「地域密着型サービスに区分(介護が必要な状態になっても住み慣れた地域で暮らしていけるよう市町村指定の事業者によって介護サービスが提供)」されることとなり、地域包括ケアシステムに正式に組み込まれた形です。
つまり、管轄が都道府県から市町村に変わり、地域密着型通所介護(小規模デイ)は市町村との関係性を強めつつ事業を展開する必要があるのです。

3.地域密着型サービス 地域密着型通所介護(小規模デイ)の指定基準

通所介護とほぼ同じ内容となっていますが、運営推進会議の設置が必要となります。
通所介護の指定要件はこちらをご覧ください

運営推進会議の開催について

地域密着型サービスに移行すると、地域との連携や運営の透明性を確保するために、利用者やその家族、地域住民の代表者(自治会長、民生委員等)、市職員、包括支援センター職員、地域密着型通所介護について知見を有する方などで構成される「運営推進会議」を開催し、活動状況を報告し、評価を受けるとともに、会議で要望や助言を聞く機会を設けることが義務付けられます。
なお、「運営推進会議」の開催回数は、「おおむね6ヶ月に1回以上」です。

定款に定められている事業目的について

【株式会社などにおける定款への事業目的記載例】
「介護保険法に基づく地域密着型通所介護」又は「介護保険法に基づく地域密着型サービス事業」
とする。  

【岐阜助成金特化型事務所】 介護事業 開業・経営支援

【岐阜助成金申請特化事務所】お気軽にお問い合わせください TEL 058-215-5077 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]
岐阜県羽島郡岐南町上印食7−94−3

  • facebook

メニュー

PAGETOP